カッピングとは?その効果は?シリコンとメディカルの違いは!?

この記事は2分で読めます

最近、シリコン素材の吸引盤で、
身体の不調な部分を真空状態で
吸引し、

溜まった老廃物や、
汚血を皮膚表面に浮かべて、
治療をするというのが流行っています。

カッピングとは一体どのようなものなのか!?
効果の程はいかに!?シリコンカッピング
メディカルカッピングの違いとは!?

管理人が身体を張って実践してみました!

スポンサードリンク

 
まず、カッピング療法とは、
東洋でも西洋でも行われてきた治療法で、
元々は、ガラス容器にアルコール類を入れ

燃やし、真空状態を作り出し、
身体に張り付ける事で、うっ血状態を
引き起こす事で、身体のあらゆる症状を
改善するものです。

主なものでは、肩こりや、腰痛を
改善するだけでなく、アトピー性皮膚炎にも
効果があると言われています。

最近では、Amazonなどで、
シリコンカッピングや、本格的な
カッピング機材が買えますので、

自宅での治療も可能になっていますね。

 
では、そのカッピングの効果とは!?
どんなものなのか!?

シリコンカッピングとメディカルカッピングの
違いは一体何なのか!?

という事について、
お話しますね。

 

カッピングの効果について

 
まず、シリコンカッピングですが、
これは家庭用に手軽に吸引出来るもので、
ペタっと張り付けるだけで、

結構な吸引をしてくれます。

 
吸引する事によって、
身体の中にある老廃物や脂肪が
溜まった汚血を皮膚表面に引っ張り出して、
血流促進、血液の浄化をするという効果があります。

シリコンカッピングをすると
下記の画像のように、肩こりなどの症状が
きつい部分は紫っぽい色に変色します。

kapping1

 
痛そう!!

と思われるかもしれませんが、
これが不思議と痛みがないんですよ!

寧ろ、吸引盤を貼っている時は
気持ちいい位です。

スポンサードリンク




 
カッピングをした跡ですが、
だいたい1週間程度で、元の肌色に戻ります。

何回か続けているうちに
次第に色も変色しなくなり、
肩こりなどの症状も軽くなっていきます。

 
あと、実感できるのが、
寝つきが良くなり、朝の目覚めがすっきりしますね。

これは、カッピングをした
その日に体感して頂けると思います。

 
ちなみに、僕が使っていた
シリコンカッピングは下記になります。

 
ここの業者さんって、
発送がメチャメチャ早いんですよ(汗)

遅くても、注文して2日後には
自宅に届き、更に、ふたを開けてみると
手書きの手紙が入っているんですね!

 
なんていい会社なんだ!!

と、ちょっと感動してしましました(笑)

 

メディカルカッピングとは!?

 
メディカルカッピングとは、
専門の鍼灸整骨院で瀉血と言って、
専用の針で小さな傷をつけて、

そこに、吸引盤(だいたいはガラスかプラスチックの容器です)
で吸引して、身体の中に溜まった汚血を体外に出してしまうものです。

日本では、メディカルカッピングには
医師免許が必要で、瀉血を伴うメディカルカッピングを
やっている所は限られています。

 
1回の施術は5,000円~15,000円程度で、
シリコンカッピングと違い、老廃物の溜まった汚血を
身体の外に出すので、効果の方は、シリコンカッピングよりも
速いです。

 
但し、メディカルカッピングの場合、
針を刺した後が消えるのが結構な時間を
必要とするという弱点もあります。

 
ただ、この瀉血を伴ったカッピングって
実は、自宅でも出来るんですね。

そのやり方と効果については、
次回以降、お話しますので、是非、
参考にして下さいね。

 

スポンサードリンク

  • 2015 08.01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

たたきさん

IMG_0005

ゆるーく生きています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
封筒を使って貯蓄

ブログランキングです