生活保護の受給条件と金額について語る

この記事は3分で読めます

長引く日本の不況とともに、
生活保護受給者の方が増え続けている訳ですが、

では、そんな生活保護の受給条件とは、
一体、どのようなものか?!

気になる金額や、実態について、
元生活保護ケースワーカーが語ります!

スポンサードリンク

私、元々は、公務員でして、
一番最初に配属されたのが、福祉事務所でした。

1年目から、なんて濃い部署に配属するんだ!

という感じでしたが、
まー、実際、ケースワーカーをやっていると
色んな物が見えてくる訳で、

色んな意味で、いい経験になったかなと思います。

そんな生活保護を受給する為の条件ですが、
生活保護法で定められた最低生活費を下回る収入しか
なければ、原則、受給は可能です。

逆に、この最低生活費を上回れば、
病気だろうが、何だろうが受給は出来ません。

また、申請の祭に、
最低生活費を上回るだけの資産(主に預貯金)
が、あれば、申請は却下されます。

預貯金、資産については、
自己申告だけでなく、生活保護法第29条に基づき、
金融機関、保険会社に紹介をかけます。

申請が却下される大半が、
この29条調査です。

また、細かい入出金の調査も
最近では、やっているみたいですね。

生活保護受給条件は基本、これだけです。

よく、生活保護を申請したけど、
受け付けて貰えないというケースがあるみたいですが、
自治体によっては、よく分からん理由で、
申請を受け付けていないという話を聞きますが、

生活保護法に定められた最低生活費を
下回る収入しかないなら、生活保護は受給出来ます。

スポンサードリンク




但し、リストラ等で、収入がなくなってしまい
生活保護を受給した場合

稼働年齢層で、健康上、とくに就労に問題がない場合、
ケースワーカーから、就労指導を受けます。

で、指導を受け、就労出来るにもかかわらず、
就労しない場合は、生活保護法第27条により、
指導指示違反という名目で、文書で指導した上で、
それでも、指導に従わない場合は、廃止となり
受給が出来なくなります。

就労したくても、職にありつけない!

というケースもありますが、
その場合は、ハローワーク等で、
きちんと仕事を探している事が証明出来れば、
廃止となる事はありません。

要は、真面目に生きているけど、
最低生活費を下回る水準の収入しかないなら
生活保護は受給出来るのです。

では、生活保護の支給金額は?

という事ですが、
最低生活費−収入=保護費
となり、世帯の人数や収入により、
支給される金額は変わってきます。

単身世帯で全く収入がない場合、
最低生活費がそのままの保護費になり、
だいたい生活費が8万程度

家賃が単身なら最大4万ちょっとになります。

生活扶助、住宅扶助合わせ12万位が、
単身世帯の保護費になります。

単身ではなく、4人家族となった場合は、
だいたいトータルで、25万位〜27万位になります。

また、日常生活費以外にも、
眼鏡代や、資格を取る為の技能習得費、
通院に必要な交通費、疾病などによるオムツ代なども
現金で生活保護法に定められた限度額まで支給されます。

医療費については、福祉事務所で発行される
医療券を持っていけば、全額、福祉事務所が
負担する形になります。

どれだけ医者にいこーがタダなんですね。

介護必要についても、介護度に応じて、
受けれる分は、全て福祉事務所が負担する形になります。

これが、生活保護の最大の弱点で、
大した病気もないのに、医者にかかりまくる
という、よろしくないケースを生み出してしまうんです。

一番、意味不明なのが、
鍼灸整骨院です。

鍼灸整骨院は健康保険の対象になりますので、
医者が治療が必要と判断した場合は、無料で、
無制限に通院が可能です。

悪徳なケースの場合、
病気やケガによるものではなく、
単なる肩コリとかでも、

医者の診断書の書き方次第で、
ガンガンに通院可能で、これは、
生活保護に限らず、普通の健康保険でも
健康保険が適用可能となり、

鍼灸整骨院は、診療報酬を請求する事が可能です。

まー、ふざけた商売ですよ。。。

生活保護というのは、
あくまでも、自分の力だけで
生活していけるようになるまでの救済手段であって、

人生を保障するものではありません。

生活保護に対する批判はありますが、
受給すること自体は悪ではありません。

重要なのは、受給してから、
いかにして、立ち直り、自立するか?

なんです。

一部の人は、開き直って、
動画サイトに訳の分からん投稿をしていますが、
生活保護費の元は税金です。

一生懸命働いて、納めた税金で
助けられてる訳ですから、受給したら、
いかにして、自立していくか?

という事をしっかりと考えて頂ければと思います。

スポンサードリンク

  • 2016 05.22
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

たたきさん

IMG_0005

ゆるーく生きています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
封筒を使って貯蓄

ブログランキングです