アベノミクスは失敗だったのか!?

この記事は2分で読めます

最近は、止まらない円高に付随する形で、
日経平均も下がってきている訳ですが、

これって、アベノミクスの失敗

という声が、一部では言われていますね。
ですが、私的な意見を言わせて頂きますと、
アベノミクスは失敗はしていないというか、

そもそも、世界経済が混沌としているのに、
アベノミクスがどーのこーの言う方がおかしいんですよ。

スポンサードリンク

2016年に入り、
円高が止まりませんね。

そりゃー、そうでしょう。

為替相場にも、円安ドル高で
ずーっと、調整らしい調整もなく、
1ドル125円までいってしまった訳ですから、

円高に入るのは、当たり前の話です。

本来なら、1ドル120円辺りで、
112円位までの調整が入ってもおかしくないのに、
米ドルは、調整らしい調整もなく、

125円までいってしまった訳ですから、
一気に円高になるのは目に見えていますし、

何より、経済において、
ずーっと、好景気なーんてものは、
過去の歴史においてないんですよ!

好景気→不景気→好景気

という感じで、
景気の流れは循環していく訳です。

スポンサードリンク




アベノミクス最大の目標は、
デフレ脱却にあると私は思います。

実際、生活必需品の物価は上がってますし、
デフレの象徴とも言えた、

すき家などの牛丼チェーン店での
価格競争はなくなり、クオリティで
勝負する流れになりつつあります。

すき家も、おもっくそ値上げしましたからね。

そういう意味では、
ある部分では、アベノミクスは失敗ではなく、
成功していたりします。

が、しかし、

ここで、非常に問題になってくるのは、
政治屋が物価上昇ばかりに気を取られて、
労働者の賃金上昇に目を向けなかった点に
あります。

物価がどんだけ上がっても、
賃金が上がらないと、消費者心理は
マイナスのままなんですよ。。。

物価が上がっても、その分、
賃金が上がれば、それだけ消費に
回る訳ですが、

現実問題として、
賃金自体はそんなに上がっていないのが
現状ではないでしょうか?

景気が良くなりました!

なーんて言っても、未だに、
ブラック企業なるものは存在する
ってゆうか、東証に上場している企業でも、

過酷な労働を強いられているのが、
現状です。

月に100時間以上残業しても、
残業代は出ないし、土日のどちらかは、
必ず、出勤

勿論、出勤手当なんてものはありません。

そんな状況で、物価だけが上がって、
はい!景気は良くなりました!

なーんて言っても、イミフに感じる訳ですよ。

そんなんだったら、
あー、賃金も上がんねーし、
物価だけは上がるし、

こりゃー、将来の為の貯えを
しとかなきゃ・・・

というのが、消費者心理なんです。

そーいう部分に目を向けない限りは、
どんな政治政策をやろーが、この国が
良くなるなんて事はあり得ないんです。

国民一人一人が、意識が変わる政策を
取らなければ、負のスパイラルは続いていくんじゃ
ないかなーと、私は思いますけどね。。。

スポンサードリンク

  • 2016 04.08
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

たたきさん

IMG_0005

ゆるーく生きています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ふわっちで生放送してたりします

たたきさんのふわっちは↑↑画像をクリックです

封筒を使って貯蓄

ブログランキングです